忍者ブログ
日常の垂れ流し場。
2017/12月
≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[13] [12] [11] [10] [9] [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結局3ヶ月近く放置プレイしてましたアホです(´・ω・`)

年末は、12月29日から年明け1月3日まで東京遊び歩いてました。
楽しかったけど疲れた・・・。

1日目からディズニーシーに行ったり、

ヒールの高いブーツで。

2日目からオンゲ繋がりのギルメンの方々と会ったり、

ヒールの高いブーツで。

3日目も4日目も御徒町~上野の周辺を練り歩いたり、

ヒールの高いブーツで。

もうね、足ガッタガタです。
大阪でも散々痛い思いして「旅行では歩き易い靴で!」って散々自分に説教したのに、
それでも性懲りもなく見栄張ってかかと7cmヒールです。
身長が160+7(ヒール)+α(その他の厚み)で約170センチとか未知の領域だよびっくりだよ、大昔履いてたサンダルでもそこまでいった試しねーよ、高いよ、視線高過ぎるよ、びっくりだよ、足元が見渡せるよ。
でも不思議なもので3日を過ぎる頃には大分足の痛みが気にならなくなっていました。それでもやっぱり痛かったけどね(´・ω・`)
今度はちゃんと歩き易い靴をもっと準備に余裕をもって買いに行こうと本気で思いました。
結構1シーズンで靴って履き潰しちゃうしね・・・。

年明けてからは初詣は絶対行きたい!という私の要望で上野公園にある神社へ御参りしてきました。
始めに行ったお寺は改修工事?だかなんだかで、あんまりにもありがたみの無い様相をしてましたが取り敢えずお賽銭投げてご挨拶。
ちゃんと書いてある通りに礼して2拍、ちゃんとやったんだよ。
でもここの神様はどうやら私が嫌いなようで、引いたおみくじには見事にと書かれていましたとさ、

畜生が!!

おおまかな内容としては、
◆争いごと→負ける
◆待ち人→こない
◆勉学→諦めろ
◆お産→早い 危険
◆旅行→車に注意

大体こんな事が書かれていたと思うんだな。
なんだよ!お前んトコでお守りなんて買うんじゃなかった!ふぁっきん!ふぁっきん!!

そんな新年早々、縁起でもない結果にげんなりしながら本来の目的だった花園稲荷の神社も御参り。
こっちで引いたおみくじは中吉でしたが、やっぱりさっきのが気になってその場で破魔矢を購入。
よく見たら「破魔矢」ではなく「白羽の矢」と書かれている。

友「これ生贄選ぶ時とかに使う矢じゃん?」
私「え?私死ぬん?」

こんなやり取りをしながら元旦終了。

2日3日もぐだぐだほぼノープランで過ごし、いざ帰りの新幹線。


ここからが恐怖の始まりだった。




※ここから、あった事をそのまま書き殴り&長いのでワンクッション。



いや、本当に怖かったんです。

帰りに乗る新幹線は東京駅から家の最寄り駅まで片道2時間程度で行く事ができる距離なので、寝るにも中途半端な時間だし、ケータイいじったりDSやってみたり適当に時間潰してたんですね。
それで時間的にそろそろ駅が近くなってきたので降りる準備をしようと荷物を持って出口付近の通路に立ってたんです。


 こ
 こ
 に
 い  | |
 た  | |
 ↓  | |
 __| |__ 出
 |__  __ 口
    | |
    | |

こんな感じ

で、「そろそろ着くな」って立って待ってたんですけど、
気付いたら意識がなくなってるんですよ。


はっと気付いて顔を上げたら立ってた場所にしゃがみ込んでて、ふと窓を見ると真っ暗(電灯も何も無い)
同じ駅で降りるのだったろう人達も周りにはいなくなってて、「え、まさか乗り過ごした?」と思い私青くなる。

ここですぐ思い付いたのが連絡を取ること。
新幹線に乗った時点で、到着時刻を母に知らせていたので、きっと車で私を回収に来てずっと待ってるはずだ。
まず乗り過ごした事と次の駅で逆の電車に乗る事を連絡しようとして慌ててケータイを取り出し電話帳から母の番号を呼び出す。
コール。

ツー、ツー、ツー。

リダイアル。

ツー、ツー、ツー。

リダイアル。

ツー、ツー、ツー。


繋がらないよぉぉぉぉぉぉ!!!;

コール音とか入る以前にダイヤルボタン押した瞬間にツーツーしか言わないよおおおおお!!!;;
え、天候が悪いからとか?天候関係あるの?いや、今の天気何よ?外真っ暗でなんにも見えないよ?走ってるの?音鳴ってるから走ってるんだよね?え、さっきからアナウンスも何も入らないけど、これどこへ向かってるの?

取り敢えず車両に戻って恥覚悟で乗ってる人に今どの辺りか訊いてみよう。
なんかもう、しゃがんでて足も痛いし空いてる席に座りたいという気持ちもあって自由席車両へ向かって移動。
この間、2両くらい移動したのだけど、

どの席にも人が一人もいないんだけど。

この辺りで既に若干パニックです、誰もいない、本当に誰もいない。
相変わらずアナウンスは鳴らない、試しに端の車両まで歩いても乗務員すらいない。
流石になんだか怖くなってきて思わずコートのポケットからケータイを出す。

母に電話・・・繋がらない。

ここで次に思い付いた事は、何故だか解らないけどとにかく自分の記録を残す事でした。
多分、自分が消息不明になると思っちゃったんだろうねぇ・・・。
かなり暖房が効いているのもあったろうけど、現実じゃないような感覚に陥っちゃって、頭が少しフワフワした感じというか・・・。
取り敢えず誰かと連絡が取りたいというのもあったのだろうけど、それで開いたのがツイッターでした。
幸いツイッターはマトモに動いてくれたようでリアルタイムの書き込みに数人ほど反応してくれて、かなり気持ちが落ち着きました。
あのままだと間違い無くSAN値直葬でした、物凄く足震えてたもの。

取り敢えず怖いからツイッターに文字を打ち続けてたらその内、音も無く駅?っぽいところに到着。
取り敢えず、降りられる!と思い焦ってよたよたしながら見知らぬ駅で下車。
ここでもアナウンスはやっぱりなし。新幹線は音も無く停車し、静かに発車して行きました。

なんかよくわからん駅に取り残される私。
改札口に駅員がいない。
周囲に明かりも無い。
何の音も無く真っ暗闇にしんしんと雪が降るだけの無人駅状態。
しかも、ここでケータイのバッテリーが切れる。

本当は乗り過ごした分払わなきゃならないのだけど、誰もいないからそのまま改札口を通過。
駅構内も人はなし。隙間風でカタカタ揺れるチラシスタンドの音がやけに大きく聞こえて怖い。

冗談抜きで怖い!

母と連絡が取れないなら他の足または宿を確保するか
最悪、駅で凍えながら朝を待つしかないわけで、
でもこんな遅い時間に駅前も明かりは1つの電灯だけで人っ子なんて1人もいないような状況なのに、こんな所にタクシーなんてあるわけが( ´∀`)ハハハ・・・って浅く笑ってたのに、

いるんだよ一台だけタクシーが。

はい、ここで作り話とか言った子帰っていいです。
私、本当に起きた事しか書いてないもの。
自分でも、これ小説か何か?って言いたくなるくらいフラグが乱立しまくるしまくる。

私ってば実はフラグの申し子!?

そうなの!?どうなの!?どうなのってなんかもうああ立ってたら寒くなってきたし、こんなとこで寝たら下手したら凍死だしもうタクシーいるならいいじゃん乗っちゃおうよ乗っちゃえ私。
確かこんな事ぐちゃぐちゃ考えながらタクシーに近付くとなんか鼻の赤いオッサンが乗って寝てる。
窓をコンコン叩くとオッサンが起きてドアを開けてくれる。
乗る、ドア閉まる。
オッサン無言。

一応、改札を通る時に、ここがどこの駅か把握はしていたので、タクシーで十分帰れる距離だと解っていたので、
私「○○の役所近くまでお願いします」
オッサン「・・・・・・」
車、発車。

無言かよ!

お客さん乗ったんだからもう少し愛想良くできないのかね?てか、今言ったので場所わかったの?ええ?あーやだやだこれだから個人タクシーは!乗ったらもうこっちのモンだと思ってやがんだぜこいつ・・・・ん?

乗ったら?
こっちのモン?

この瞬間、
よりにもよって
大昔に起きた
タクシーの乗客連れ去り事件
を思い出す。
     ↓
私の怒りボルテージが
下がると同時にぎゅっと胃が縮む音。


このオッサン、
大丈夫だよね・・・?
いきなり山道に入って包丁とか持ち出したりなんかしないよね?
深夜だよ?あんな時間に一台だけいたんだよ?
おかしくない?ヤバいって。
こいつがおかしな行動取ったらブーツで思いっきり殴ってやる。

そんな事を考えてたら車、いきなり止まる。
気付いたら、外が物凄く吹雪いてて数メートル先も見えない状況。(多分これで止まった)
無音が続いてなんだか物凄く居苦しくなって何か話題を出そうと考え始める。

私「物凄い吹雪ですねぇ」
オッサン「・・・・・チッ」

Shit!!

あれなんで私、このオッサンに気なんか遣ってるの?アホじゃないの?そもそもなんでこのオッサン機嫌悪いんだよ蹴るぞクソが!

頭の中で悪態を吐き続けているとまた車が発車。
乗ってる間はずっと怖かったけど、それ以降は何も無く、無事目的地まで送り届けてもらいました。(怖かったから家の前ではなく近くの役所前で降ろして貰った)

あとはすぐに母に連絡を取ろうと慌てて家に入ると。

母は家でたけのこ煮てました。

あとはPCからツイッタに書いたとおりです。
もう本当に怖くて泣くかと思った。
人がいないって物凄く怖い事なのね(´・ω・`)









拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
川葉(いもっころ)
性別:
非公開
職業:
趣味:
暗黒盆踊り
自己紹介:
残念な貴腐人。
男の娘、ショタ、汚いオッサン系好き。
異種族含め、若干ケモナー。

おお、残念残念。
ブログ外活動


最新コメント
バーコード
P R
人生の半分は芋である